シミを消す方法を知ろう【パッと美肌レディーに仕上がれ】

トレチノイン療法の効果

婦人

取り扱いの注意点

皮膚に沈着したシミやニキビ跡の治療で使用されるのが「トレチノイン」です。美容皮膚科でシミ治療をすれば処方してもらう事ができますが、低濃度なら処方箋なしでも購入できます。トレチノイン軟膏は強力な皮膚の漂白効果があります。そのため、取り扱いには十分に注意をする必要があります。シミに塗る際には、シミからはみ出さないようにして塗ります。はみ出してしまうとシミの周りの普通の皮膚まで漂白されて、余計にシミが濃くなります。トレチノインには皮脂腺の働きを抑える働きがあります。つまり皮脂が少なくなって乾燥しやすくなります。乾燥したまま放っておくとシミが濃くなることがあります。トレチノインで治療をしている時は、肌を保湿することがとても大切です。

ビタミンA誘導体の働き

トレチノインは何らかの原因で出来てしまった色素沈着を改善することができる塗り薬です。正体は「ビタミンA誘導体」ですが、普通のビタミンA誘導体の100倍近い美肌効果があります。トレチノインを肌に塗ると、細胞分裂のスピードが上がります。塗った部分だけ代謝がアップするので、色素沈着が早く治ります。皮膚に塗るだけでシミ、ニキビ跡、やけど跡、虫刺され跡などが薄くなります。また、上手に使えばシワを改善する効果もあると言われています。トレチノインと一緒に治療で使われる事が多いのがハイドロキノンです。ハイドロキノンも漂白作用がある塗り薬です。肌の状態に合わせてトレチノインとハイドロキノンをブレンドして使うと美白効果がアップします。

人気記事

カウンセリング

施術時間が短く効果は高い

アフターケアはシミ取りのレーザー治療でも重要です。病院からもらった軟膏などを使いつつ、紫外線対策といった工夫で、より治癒を早めてレーザー治療の効果を引き出すことができます。シミ取りの治療でレーザーが人気の理由は、最短10分で終わる施術時間の短さと、ダウンタイムの短さにあります。

ウーマン

クリニック選び

シミを消すなら、やはりプロに任せるのがおすすめですが、住まいが新宿なら、その近辺で探すようにしておきます。その方が通院が楽ですし、交通費も少なくて済むからです。また、クリニックはどんどん技術が進歩し、使いやすくなっているので、安心して任せることができます。

医師

レーザー治療も現在は可能

美容整形でのシミ治療が人気となっている理由は、フラクショナルレーザーや炭酸ガスレーザー、ピーリングなどの効果の高い治療を受けられるためです。注意点としては、クリニックでの治療後は紫外線などの肌に強い刺激を与えないことです。